今治港のミナトデハタラク!~お仕事体験~

2018-9-4
海と日本PROJECT in えひめ

こんにちは!海と日本プロジェクトinえひめ リポーターのたまちゃんです♪

今回は今治港で行なわれたイベント、ミナトデハタラクの取材に行ってきました!

7月29日に予定していたイベントでしたが、当日台風の影響で中止になり今回9月2日に開催となりました!

主催者さんの熱い思いから延期実施が決定したそうです!

【漁に出発】

まず体験したのが、実際に船に乗って海へ魚を捕りにいきました。

船から網を下ろしながら進んで行くのですが、その勢いで船が横に大きく揺れ、船酔い者続出でした。

テレビで見るよりもずっと大変で、体験した人にしかわからない漁師さんの苦労が少しですが体験でき、とても貴重な時間を過ごすことができました

【世界の海で船を動かす仕事】

セミナールームでは、世界の海で船を動かす仕事についてお話されていました。

講師の株式会社瑞穂産業、近藤久仁子さんは今回のイベントを通して、

船を動かすだけでなく船を造ることにもたくさんの企業が関わっている、たくさんの人が様々な仕事に就いて社会を動かしていること、たくさんの人に感謝することを子ども達に伝われば嬉しいですと話されていました。

【ビンに海をとじこめる】

会場を見渡すと、可愛らしい体験ができるみたいだったので参加してきました!

「海」をテーマにハーバリウムに挑戦!

なかなかのできで満足しています(^^)

家の中で海を感じたい方はぜひ挑戦してみてください☆

Flower jewelさん、ありがとうございました!

他にもこんな体験ができました!

  1. 貝を使ったフォトフレームに挑戦!
  2. ニュースを作ってみよう!
  3. 木で船を作ってみよう!

今回のお仕事体験を機会に、様々な仕事を楽しみながら興味を持って欲しいと話すのはイベントを企画したNPO法人今治シビックセンターの友田さん。

今治といえば造船所や魚がおいしいと有名な港町です。

今治に生まれ育った子が今治の町をちゃんと語れるようになってほしいという思いも込めて、ミナトデハタラクという名前の港のお仕事体験を企画されました。

 

キツイ、稼げない、かっこわるいなど第一次産業の今までのイメージが子ども達の将来の選択肢を狭めているのは少なからずあるのではないでしょうか。

今治というステキな港町をこれからも保っていくために、その町に合ったその町ならではのイベントをたくさん開催してほしいですね!

海に関するイベントであれば、海と日本プロジェクトえひめ事務局がどんどん取材させていただきます(^^)/

 

今回の取材の様子は、9月16日(日)11:25~南海放送テレビで放送します!!

子ども達の真剣にミナトでお仕事体験する様子をお見逃しなく!!!

関連リンク

ページ上部へ戻る