【たまちゃんの豆知識コーナー♪】鯛の赤い色の正体はエビだった!

2018-10-25
海と日本PROJECT in えひめ

こんにちは!海と日本プロジェクトえひめ事務局リポーターの玉ちゃんです♪

先日実施した海のお仕事図鑑でお世話になった、

河原高等専修学校の近藤先生に教わったお魚に関する豆知識を披露しちゃいます!

 

赤い色をした体がトレードマークの鯛ですが、

みなさんはなぜ鯛が赤い色をしていると思いますか?

考えたこともなかったかもしれませんが実は理由があるんですよ~!

 

【たまちゃんの豆知識披露!】

鯛の好物はエビです。体色の赤はエビに含まれるアスタキサンチンという色素で、出荷を前にした養殖鯛にエビを食べさせて体色を赤くする事も行なわれていたそうです。

甲羅で覆われている固いエビですが、丈夫なあごと歯を持つ鯛は平気でバリバリと食べてしまいます。

鯛は雑食性で甲殻類や貝類、ゴカイなども食べます。

瀬戸内海の鯛は、タコやアナゴ、イカナゴなどを好んで食べるグルメな鯛だと言われているようですよ!

 

地域によっても魚の性質も変わってくるんですね!おもしろい!

イベント名【たまちゃんの豆知識コーナー♪】鯛の赤い色の正体はエビだった!

関連リンク

ページ上部へ戻る